Mediasite Enterprise Video Platform

経験が支える実力の統合環境

1.視聴

・Windows MediaまたはH.264/AACエンコード
・Windows MediaとH.264/AAC間の自動変換
・Windows PC、Mac、iPad、iPhone、iPod touch、Androidで視聴可能
・使用できるブラウザ:Internet Explorer、Firefox、Google Chrome、Safari
・Microsoft SilverlightおよびHTML5対応
・プラグインのインストールやソフトウェアのダウンロードは不要
・ライブ配信とオンデマンド配信
・ライブ配信時の質問機能
・ライブ配信時のアンケート機能(投票)
・スライドのサムネイル一覧表示と見出し機能
・複数映像(最大3)とスライドの同期再生

2.カタログとショーケース機能

・コンテンツを一覧表示するカタログページを自動生成
・モバイル端末向けシンプルカタログ
・カレンダー表示カタログ
・階層化されたカタログフォルダーに整理可能
・カタログページレイアウト、バナー、画像、色合い等を好みに合わせて変更可能
・RSSにより興味あるコンテンツを購読
・カタログをユーザーのWebページに埋め込み可能
・ショーケース画面でお勧めコンテンツ、チャンネルを提供

3.検索機能

・全文検索エンジン採用
・表題、説明、講演者名、情報、収録日時の検索
・タグ検索
・スライド内テキストの検索(OCR機能使用時 ※1)
・音声検索(現在は英語音声のみ対象 ※2)
・字幕データ検索(字幕使用時)
・検索スコープの選択(プレゼンテーション内、カタログ内、全データ)
・検索Widget埋め込みによりWebアプリケーションから検索機能を呼び出し可能

4.コンテンツ作成

・メディアサイトレコーダーと連動してライブ配信
・メディアサイトレコーダーで作成されたコンテンツアップロード
・デスクトップレコーダーで作成されたコンテンツアップロード ※3
・各種形式の映像アップロード ※3
・モバイル端末から撮影映像アップロード ※3
・アップロードされたコンテンツの標準映像への自動変換(トランスコード) ※4

5.コンテンツ編集

・メディアサイトコンテンツを同期を維持して編集
・映像の前後あるいは中間部分の削除、映像ファイルの置き換え
・スライドの追加、削除、置換、スライド位置の変更
・チャプターの追加、変更
・複数ユーザーが同一コンテンツを分担して協同編集
・見直し、編集、承認ワークフロー

6.ユーザー管理とセキュリティ

・組み込みMediasite Directoryによるユーザーとグループ管理
・外部ディレクトリ(Active Directory、LDAPディレクトリ)と連動
・標準的なビルトインロール
・きめ細かなセキュリティ設定
・プレゼンテーションの画像とURL保護
・Shibboleth (SAML2.0) に対応
・Basic LTI対応
・CAS対応 ※5
・各種LMS、CMSとのシングルサインオン(別途カスタマイズ ※5)

7.分析レポート機能

・視聴情報を各種の条件で測定して解析
・現在のライブおよびオンデマンドの視聴状況をダッシュボードで表示
・プレゼンテーションごとの視聴数、どの部分が最も見られたか、視聴行動履歴等
・ユーザーごとの視聴プレゼンテーション、視聴期間、視聴内容詳細等
・講演者ごとの視聴総数、プレゼンテーションの平均視聴数、最も見られたプレゼンテーション、最も見たユーザー等 サーバーの総使用統計、トレンド、ピーク使用状況
・検索機能によりレポートに取り込むデータを細かく指定
・グラフ表示
・レポートをファイルとして出力し外部ツールで分析
・特定IPアドレスからの視聴を除外
・WidgetによりレポートをユーザーのWebページに表示

8.スケジュール・自動収録機能

・カリキュラムに沿った収録スケジュールを設定
・外部システムから収録スケジュールの一括取り込み
・教室予約システム等の外部システムとの連動(カスタマイズ)
・細かい自動化レベルの選択
・休日等の除外日設定
・プレゼンテーション自動登録時のメール連絡
・エラー発生時のメール連絡

9.レコーダー管理

・複数レコーダーの同時管理 ※6
・スケジュールにあわせたレコーダー自動収録実行
・Recorder Control Centerから複数レコーダーを一覧監視、収録実行
・ブラウザからレコーダーを遠隔操作

※1.スライド内の文字を自動認識するOCR機能をオプションで提供します。
※2.別途英語音声検索サービスの契約が必要です。現在のところ日本語音声には対応していません。
※3.UGCライセンス(My Mediasiteライセンス)の契約が必要です。
※4.CASあるいはその他のシングルサインオン対応についてはカスタマイズが必要です。
※5.UGCライセンス(My Mediasiteライセンス)には5トランスコードライセンスが含まれます。それ以上のパフォーマンスが必要な場合は追加のトランスコードライセンスを購入できます。
※6.Mediasite EVPには標準で5レコーダーまでの管理ライセンスが付属しています。追加の5レコーダーごとに5レコーダー管理ライセンスパックが必要です。
※7.クラスタリングには冗長化用サーバー1台ごとにクラスタリングライセンスが必要です。
※8.追加の論理サーバー1台ごとにMediasite EVP追加インスタンスライセンスが必要です。
※9.マルチキャスト配信を行う場合、マルチキャストライセンスが必要です。
※10.LMSとの連携にはカスタマイズが必要な場合があります。 MediasiteコンテンツをSCORM対応コンテンツに変換するにはカスタマイズが必要です。
※11.Mediasite EVPのバージョンが6.1以前の場合はMediasiteコンテンツをMP4映像に変換するためにRich Media Vodcast for Mediasiteが必要です。